オールインワンジェルでコスパ最強はどれ?

 

の5つのよくあるお肌のお悩みから、おすすめのオールインワンジェルをランキング形式でご紹介します。

 

  • 定期便の1回あたりの価格
  • 内容量(g)

 

から1日あたりの費用がいくらになるのか?
ランキングでコスパがよい順位順に、解説します。

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリーム

 

エミーノボーテ

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

エミーノボーテ モイスチャーリッチクリームは目元や口元の”ハリ”や小じわやクスミが気になる方にピッタリ!

 

デメリットは?

 

返金保証がない点。

 

また、ポンプ式でない点(※好みの問題ですが・・・)
です。

 

【公式】
→http://www.sukoyaka-egao.jp

 

 

フィトリフト

 

フィトリフト

 

1日あたり:約66円

 

※容量50gで30日、1,980円

 

 

  • 返金保証:10日以内あり
  • 内容量:50g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴
5点 3点 3点 4点 5点

 

わずか10秒でピーン!というキャッチコピーで有名なフィトリフト。

 

ピーン!という言葉にピンと来た(汗)方におすすめです。

 

デメリットは?

 

初回は安いが、2回目〜はやや高い

 

※送料含め、税込みで5000円を超えてしまう

 

 

【公式】→http://www.phytolift.jp

 

 

ピュアメイジング

 

シミ訴求LP

 

1日あたり:約66円

 

※容量60gで30日、1,980円

 

 

  • 返金保証:30日間全額保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,980円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

ピュアメイジングはニキビ&シミが気になるあなたに最適なオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”1つで12役(※業界最多)”で、他社の商品にはない強みです。

 

デメリットは?

 

特にありませんが、ややべたつく!と感じる人もいるようです。
※私はそうは思いませんが・・・(汗)

 

 

【ピュアメイジング 公式サイト】
→http://puremazing.jp

 

 

ホワイトニングリフトケアジェル・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

1日あたり:約127円

 

※容量60gで30日、3,795円

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

保湿 ニキビ しみ しわハリ 毛穴

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

 

 

 

 

 

安さだけでなく、中身も判断

 

例えば、シミウスなどはコスパがいいとは言えませんが、シミ対策向けですし、医薬部外品です。

 

そのため、コスパだけでなく、あなたの肌の悩み何なのか?を重視することをおすすめします。

 

 

美容のQ&A

 

顔の美容に興味がある人

 

化粧水の役割とは?なぜ使う必要があるの?

 

人の肌は、洗顔や入浴によって汚れだけではなくその肌のコンディションを良く維持するために必要な皮脂やうるおいなども取り去られてしまいます。ことに顔やデコルテラインの表皮はとても薄くてデリケートであり、そのまま放置してしまうと開いた毛穴から大切な水分が蒸発して乾燥状態に陥ってしまいます。化粧水をなぜ使うのか、ということですが、その役割とは、洗顔によって失われつつある水分を補給し、皮膚の細胞をふっくらさせることによって毛穴を包み込むように閉じ、それ以上の水分の蒸発を防いで滑らかで健やかな肌を保持することにあるのです。肌の細胞の衰え、老化は洗顔や日焼けによって進みますが、それを押しとどめ、スピードを緩めて一日でも若くあるために、化粧水はとても大切な役割を日々果たしているのです。また、塗布すればよいというものではなく、掌に少量とって人肌に温め、丁寧に肌に押し込むようにして馴染ませていきましょう。繰り返していくことでシミやシワにも改善がみられるようになります。水分を補給したら、クリームやオールインワンジェルでふたをして、さらに潤いを閉じ込めることも大切です。朝の洗顔、夜の入浴の後のほんの数分ずつのケアですが、毎日大切に続けていきましょう。

 

乳液の役割を徹底解説します!

 

スキンケアにおいて乳液が果たす役割としては、化粧水でうるおいを満たした肌の水分の蒸発を防ぐ、化粧水や美容液の保湿効果や美容効果を持続させる、肌の保護などがあります。油分を含むスキンケアアイテムなので、化粧水や美容液を肌になじませた後に仕上げとして肌に蓋をする役割があります。同様に油分を含むスキンケアアイテムとしてクリームやオイルもありますが、クリームやオイルに比べて肌なじみが良く浸透力が高いという特徴があります。水分を多く含む柔らかいテクスチャーなので伸びが良いのも魅力です。しかし、油分を含んでいますので塗り過ぎには注意が必要です。脂性肌の人や混合肌で鼻や額が脂っぽくなりがちな人は少量に抑えましょう。乳液を塗り過ぎることでファンデーションがよれて時間の経過とともにメイクが崩れやすくなるという問題もあります。かと言って乳液を全く使用しないとせっかく肌になじませた化粧水や美容液の効果が半減してしまいますので、スキンケアの仕上げには必ず乳液などの油分を含むスキンケアアイテムで蓋をするようにしましょう。自分の肌にぴったり合った最適な乳液をスキンケアに取り入れて適量を肌になじませるということがポイントとなります。

 

 

乾燥肌になる原因はなに?!

 

 

冬になると肌がカサカサしてきたり、白くなって粉をふいてしまうという悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。普段から乾燥しないようにしっかりとスキンケアをしていても根本的な原因を取り除かなければなかなか改善しないものです。乾燥肌の原因は肌の表面にある角質が剥がれてしまうことによって起こるのですが、これが悪化してしまうと皮膚がめくれて出血することもあるので普段から正しいスキンケアを行う必要があります。本来、人間の肌には外部刺激から肌を守るバリア機能が備わっているのですが、洗顔を行う際に肌を擦ったり、スクラブ入りの洗顔を頻繁に使うことによってバリア機能が低下してしまいます。入念にスキンケアをしようとするとつい力が入ってしまって、知らない間に角質層が剥がれてしまったということもあります。洗顔を行うときはしっかりと泡立てて泡の上から優しく円を描くようにマッサージしながら洗うことです。洗顔の回数が多いと常にバリア機能が低下した状態になってしまうので、朝は石鹸を使わずにぬるま湯で洗い流す程度にすること、また石鹸を使用しての洗顔は多くても1日2回までに留めておくことも大切です。洗顔後は化粧水で肌を整えて水分を逃がさないようにクリームで蓋をするように心掛けましょう。

 

 

敏感肌の原因は?

 

敏感肌だと通常よりもスキンケアを徹底しなければならないと思い込まれやすく、入念にケアグッズを塗り込んだりする様子が見られますがそうした良かれと思ってやっている事が原因となる場合もあります。

 

洗顔については洗いすぎる事で自身の脂分が全て取り払われてしまい、常に表皮が露出した状態で傷つきやすくなりますしそのような状態だと入浴時に頭部から流れ落ちたシャンプー剤が触れるだけで短時間であってもかぶれてしまいます。

 

また、敏感肌は生まれつきによる先天性だと思われていますが幼少期の時には無問題であったのに、年齢を重ねるにつれて敏感肌の特徴に悩まされる事もあります。

 

加齢によって見られる事を後天性と呼びますが、敏感肌に関しては日々の食事内容が原因になっています。

 

現代人は多忙であるのでついファーストフードやコンビニのお弁当などで済ませてしまいますが、それらでは栄養が不足するので表皮上にある角質をキープするためのセラミドが失われ続けてしまい構成が崩れてしまい敏感肌となります。

 

さらに、食生活に原因があると腸内環境も悪化し腸内にて悪玉菌が優勢になるので美肌に直結するビタミンB群が効力を発揮しなくなり、敏感肌を引き起こします。

 

 

 

シミ・そばかすの原因は?

 

肌に何らかのダメージが加わった時、皮膚細胞は自分自身を守るためにメラニン色素を生成します。メラニン色素が過剰に作られてしまうと、皮膚にシミやそばかすなどのトラブルが生じてしまうのです。

 

シミ・そばかすの原因としてももっともよく知られているのが紫外線による日焼けですが、摩擦ダメージもメラニン色素の生成を促すとされています。

 

また乾燥によって肌の水分が失われてしまうと、ターンオーバーが乱れてしまいメラニン色素の排出がスムーズに進まなくなるともいわれています。紫外線や摩擦によるダメージと乾燥や加齢によるターンオーバーの低下、この2つがシミやそばかすの大きな原因だといえるでしょう。

 

メラニン色素の生成を抑えシミとそばかすを予防するためには、日頃から日焼け止めなどを使用し紫外線対策を行なうことが大切です。

 

またスキンケアによって肌に水分を補い、ターンオーバーサイクルを正常化していくことも重要でしょう。また肌は摩擦に弱いため、洗顔時やスキンケア時に力を入れすぎてしまうとシミやそばかすの原因となりかねません。

 

シミとそばかすを増やさないために、摩擦ダメージが加わらないよう優しく洗顔とスキンケアを行っていきましょう。

 

毛穴の開きやたるみの原因は?

 

赤ちゃんの肌は毛穴がなくつるんとしたたまご肌です。

 

女性にとって憧れでもある赤ちゃんの肌ですが、残念なことに加齢と共に毛穴が開きたるみも出て全体的にくすんだ印象になってしまうものです。

 

しかしその原因を知ってスキンケア方法を変えるだけで、若々しい肌を蘇らせることも可能なのです。

 

毛穴が開いたりたるんでしまう原因は乾燥にあります。

 

肌に潤いがあれば張りによって毛穴が隠され目立ちにくい状態なので、憧れのつるんとしたたまご肌になります。

 

ところが肌が乾燥すると張りがなくなり毛穴の開きが目立ってしまいます。

 

そこに皮脂や汚れが詰まると毛穴はどんどん開きたるみにも繋がってしまうのです。

 

またたるみに関しては表情筋の衰えが原因でもあります。

 

普段から表情に乏しい人はたるみが出やすく、その結果顔全体の印象が老けて見られてしまいます。

 

このようなことを防ぐためには、毎日のスキンケアはとても重要です。

 

洗顔後は化粧水でしっかりと保湿し、さらに保湿クリームや乳液で水分を閉じ込めるように蓋をすることも大切です。

 

毛穴が詰まらないようにと過剰に洗顔することも逆に皮脂を取り除き過ぎて、乾燥を進めてしまうため洗い過ぎには注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

オールインワンジェルQ&A

 

オールインワンゲルを塗る人

 

オールインワンジェルのメリット・デメリットとは?

 

オールインワンジェルは化粧水や美容液、乳液とクリーム、パックなどの効果が合わさった近代的なアイテムです。

 

【メリット】

 

〇洗顔後にたった一つでスキンケアが完了できます。時間に余裕がない人やスキンケアにストレスを感じている人に適した化粧品です。
〇保湿効果が強い物が多いです。乾燥肌の人にも使いやすい性質をしていますが、夜に付けた後に、朝起きたら肌の水分量が上がっている様子が確認されやすいと言えます。
〇美容成分や有効成分をたくさん配合しやすいメリットがあります。一つのオールインワンジェルに10から20種類もの植物エキスを配合するのは良くあることです。
〇オールインワンジェルを買えば洗顔料以外のスキンケア製品は必要なくなるでしょう。他に化粧水と併用しても問題はありません。

 

 

【デメリット】

 

〇馴染みにくい場合があります。中にはエモリエント成分をたくさん配合しているオールインワンジェルが出回っています。特にクリームよりなら、洗顔後に塗布しても簡単に浸透しない可能性は否定できません。
〇化粧水の方が浸透率は良いです。化粧水を用意しておかないとゴワつきが気になるところが出てくるでしょう。そこは注意すべきです。

 

合成界面活性剤入りの化粧品のメリット&デメリット

 

合成界面活性剤は石油などを原料として人工的に作られるもので、皮膚に付着した汚れを包み込んで浮かせる働きがあります。

 

合成界面活性剤の種類はおよそ2.000種類以上もあり、化粧品にも多く用いられています。

 

合成界面活性剤入りの化粧品を使用するメリットとしては、汚れを取り除く高い洗浄作用があります。

 

そのためメイク落としなどに重宝されています。その他にも合成界面活性剤は化粧品に含まれている成分と結ぶ付くことで安定的な機能を発揮してくれます。

 

例えば化粧品に含まれている保湿成分は単独では十分な効果を発揮することはできませんが、
合成界面活性剤と結びつくことで皮膚になじませて作用を発揮させてくれます。一方合成界面活性剤入りの化粧品を使用するデメリットとしては、石油などの化学的な成分が配合されていることから人によってはアレルギー症状を引き起こすことがあります。

 

とくに肌は敏感なのでアレルギー症状により湿疹やにきびなどの皮膚トラブルを生じてしまいます。

 

さらには洗浄力が強い反面、肌の余分な皮脂まで落としてしまうため皮膚の正常なバリア機能を保つことができず、外部刺激を受けやすくなり乾燥状態になってしまうことがあります。